2013年、最も支持された保険商品は何か? 「価格.com保険」が部門別に初公開

株式会社カカクコム(東京都渋谷区 代表取締役社長 田中実 東証コード:2371)は4月3日、同社が運営する総合保険比較サイト「価格.com 保険」で、2013年の1年間を通じてユーザーからもっとも申込み数の多かった保険商品を販売チャネル別に選出する「価格.com保険アワード2013」を発表した。特設ページでは、生命保険、医療保険など全16部門の1位の商品を発表するとともに、各保険会社のコメントと、同社保険担当者による寸評を掲載している。

「価格.com 保険アワード2013」の結果発表   http://hoken.kakaku.com/insurance/award/

価格.com - 保険アワード2013

『価格.com 保険』では、従来から「保険料」や「保障内容」に加えて、保険購入検討者の動向や評判も、保険選びの重要な指標であると考え、資料請求数や商品ページへのアクセス数を元にしたランキングを公開。それに加えて、今回より新たに、実際の申込み数を元に年間ランキングを公開していくことで、消費者に最終的にもっとも多く選ばれた商品が部門別に分かるようになっている。

算出方法は、2013年1月1日~2013年12月31日に、『価格.com 保険』で掲載している54社134の保険商品(*)に対して、100%子会社の保険募集代理店カカクコム・インシュアランス経由で申し込んだ数を集計し、販売チャネル別に最も申込み数が多い保険商品を選出した。
(*)対象保険:生命保険、医療保険、がん保険、学資保険、個人年金保険、火災保険、バイク保険、海外旅行保険

対象カテゴリ・部門は以下の通り。
・生命保険の部(インターネット部門、通販部門、対面部門)
・医療保険の部(インターネット部門、通販部門、対面部門)
・がん保険の部(インターネット部門、通販部門、対面部門)
・学資・個人年金保険などの部(学資保険、個人年金保険、持病がある方向けの保険)
・火災保険の部(戸建部門、マンション部門)
・海外旅行保険、バイク保険の部

価格.comサイトは2013年12月末現在、月間利用者数4,568万人、月間ページビュー10億3,292万PV、累計クチコミ件数 約1,600万件。利用者内訳は、PC:2,990万人 スマートフォン:1,510万人 フィーチャーフォン:68万人となっている。

以下の記事もお読み下さい。

カカクコムが発表した「申込件数ランキング」の真の狙いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る