ブロックチェーン技術活用で実証事業を開始 東京海上日動火災

東京海上日動火災は米プラネットウェイコーポレーションのデータ連携技術を活用し、医療機関でのブロックチェーンの利用に向けた実証事業を福岡地域戦略推進協議会と連携して実施することを発表した。

福岡市の医療機関と連携し、傷害保険金請求書に記載の医療機関に対して、ブロックチェーンを通じて入通院機関などの医療情報の提供を要求し、データ連携基盤を通じて情報を取得し、保険金支払い業務の簡略化と迅速化を実現する。

ブロックチェーンは決済や取引の自動化などさまざまな領域での活用が見込まれている。暗号化技術の利用は偽造や改竄を防止するために有効だが、取り扱うデータそのものは暗号化されておらず、機密情報や個人情報などを扱ううえで課題があった。東京海上日動はエストニアの国民番号制度を支える非常に高いセキュリティ技術を適用したデータ連携基盤である米プラットウェイ社のデータインフラと、ブロックチェーン技術を合わせて活用することで、これらの課題を克服することを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  2. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  3.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  4. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  5. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  6. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  7. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  8. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  9. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
ページ上部へ戻る