カーディフが対話型オンラインツール開発、静岡銀行に提供

カーディフ生命とカーディフ損保は、銀行の住宅ローンを利用予定の顧客向けにその仕組みや商品、団体信用生命保険などを動画で紹介するツール「ローンスマートナビ」を開発し、7月1日から静岡銀行に提供する。顧客は、仮審査申込後、スマートフォンやパソコンを利用していつでも手軽に住宅ローン関連の説明を受けられる。本審査申込前に団信の疾病保障を検討する時間的余裕が生まれるため、自身のニーズに合わせて保障プランを選ぶことが可能だ。金融機関にとっては、顧客に正確な情報をわかりやすく伝えるというコミュニケーションの均質化が図れるとともに、顧客の住宅ローンに関する理解度を事前に把握することで、店舗での業務の効率化や事務負荷の軽減につながる。さらに、住宅購入をきっかけとしたライフプランの見直しや資産運用に関する関心の有無を確認し、コンサルティング提案にもつなげられるメリットがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る