住友生命が世界発行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に69億円投資

住友生命は世界銀行傘下の国際復興開発銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」への投資(総額約 69 億円)を決定した。世界銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドとは、世界銀行が取り組む様々なプロジェクトを支援するために発行する債券。特定のプロジェクトを資金使途とせず、均等に全ての世界銀行の融資プロジェクトを支える仕組みとなっている。

住友生命のニュースリリース

2020 年3月、世界銀行グループは、新型コロナウィルス拡大に対処するため、今後 15 か月間に開発途上国に対して最大1,600 億ドルの支援を行う用意があることを表明した。同年4月には保健
医療分野での融資活動を取組みの一例として4つの大型公募債を国際資本市場で発行している。

本債券についても、世界銀行が発行する債券の特性上、資金使途が新型コロナウィルス対策に限定されるものではないが、新型コロナウィルス対策の資金需要への対応も重要な目的となっている。また、今回の投資は、世界銀行が展開する医療保健への融資プロジェクトのうち、特に新型コロナウィルス対策への支援に期待し、住友生命が賛同および支援を表明したことで実現に至った。本債券は世界銀行が住友生命のみを対象に発行する私募債となっている。

関連記事:第一生命がマイクロファイナンス向け投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る