アクサ生命がLGBTQ+当事者視点のサービス拡充

アクサ生命は4月24日、ホームページ内の「よくあるご質問」に同性パートナーがいる、心と体の性が異なるなどLGBTQ+当事者の視点に立った生命保険の具体的な質問に答えるコンテンツを拡充した。

「私に万が一のことがあった時のことを考え、私の同性パートナーを受取人とする形で生命保険へ入りたいです」「同性パートナーを受取人とする生命保険にて、同性パートナーが契約者の死亡保険金を受け取る際、相続税に関し、注意を要する点はありますか?」など疑問に答えている。

同社はダイバーシティ&インクルージョンを経営戦略に組み込み、多様化する社会や顧客の要望に対応できるようサービス向上に努めている。質問の拡充もその一環で、今後も、LGBTQ+当事者向けのライフプランコンサルティングに加えて、生命保険加入時の疑問など利用しやすいサービスの提供に努めていく考えだ。

アクサ生命のニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る