ソニー生命、プルデンシャル生命も全国の営業拠点閉鎖

生命保険会社の営業拠点の閉鎖が広がっている。営業職員を販売の主力とする国内の生命保険会社は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国の営業拠点の閉鎖を決定していたが、4月17日には、ライフプランナーなどを要して対面で営業展開するソニー生命やプルデンシャル生命も全国の支社・営業拠点の閉鎖を決定し、営業担当者による訪問活動を自粛する方針を発表した。

また、中小企業向けマーケットに特化した大同生命も、全国の営業拠点の閉鎖を発表している。

これで、個人・法人顧客問わず、対面販売を主体とする生命保険会社の全国の営業拠点が閉鎖され、新規募集の獲得など、営業活動ができなくなった。緊急事態宣言が5月6日からさらに伸びれば、業績にもマイナスの影響を与えることは必至だ。

関連記事:大手生保が全国の営業拠点を閉鎖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る