生保・損保ニュースリリースランキング(2019年)

保険net新聞編集チームではこのほど、生命保険会社(42社)、損害保険会社(53社)が2019年中に発信した全ニュースリリースをチェックし、どの会社が1年間で最も多くのニュースリリースを発しているかを調査した。

ニュースリリースは、企業側が顧客や企業、その他関係者に自社の取り組みをPRするために重要なツールだ。その本数が多い会社ほど情報開示に積極的とも言える。

まず、全生保会社・損保会社から出されたニュースリリースは、2019年1月~12月にかけて、生保約1500本、損保約850本、合計2350本もあった。

会社別にみると、生命保険会社で1年間でニュースリリースを最も多く出したのは明治安田生命で99本、第一生命(93本)、住友生命(88本)、日本生命(82本)と大手生保会社が続いた。中堅生保では太陽生命が4位の70本となり、積極的な情報発信が伺えた。

一方、損害保険会社では三井住友海上が99本で第1位。M&ADホールディングスが88本、あいおいニッセイ同和損保が76本と続く。1位から3位までMS&ADグループの持株会社と傘下にある損保会社が占めた。三井住友海上は明治安田生命と並んで、最もニュースリリースの発信件数が多かった。4位はSOMPOホールディングス、5位は損保ジャパンとSOMPOグループが続いた。その次に東京海上、東京海上ホールディングスとなり、やはり3メガ損保グループが上位を占めた。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る