生保各社が医療機関などへ寄付を発表

住友生命グループ5社(住友生命、メディケア生命、スミセイ情報システム、いずみライフデザイナーズ、保険デザイン)は5月27日、新型コロナウイルス感染症によって影響を受けた医療機関、教育・子育て関係者を中心に 8000 万円を寄付することを決定した。

また、富国生命とフコクしんらい生命も同日、新型コロナウイルス感染症の対応に尽力している医療機関および医療従事者への支援を目的に、5000万円を寄付すると発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る