SOMPOホールディングスがロイズ市場から撤退

SOMPOホールディングスは世界最大級の保険市場を運営する英ロイズ保険組合から2020年12月末に撤退する。傘下の海外持ち株会社SOMPOインターナショナル(SI)がロイズのシンジケートを通じた保険の引き受けを終了し、2021年1月からSIグループの英国 Endurance Worldwide Insurance Limitedが契約を引き継ぐ。

SIホールディングスのExecutive Chairman 兼 海外保険事業オーナーのジョン・チャーマン氏は「SOMPOグループのグローバル展開、ブランド、格付け、財務健全性等を総合的に判断し、英国における事業活動をカンパニー・プラットフォームに統合するという決定をした」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る