三井住友海上が業界初のカーシェア事業者向け専用保険を開発

三井住友海上は業界で初めて、カーシェアリング利用中の事故を包括的に補償する「カーシェアプラットフォーマー専用自動車保険」を開発し、4月から販売を開始した。 同商品は、個人間カーシェアなどのカーシェアプラットフォーム運営事業者(以下、カーシェアプラット フォーマー)が契約者となり、カーシェア利用中の事故を抜け漏れなく包括的に補償するとともに、柔軟な補償設計を可能としている。さらに、従来の自動車保険では補償対象外で あった「持ち逃げ」リスクも補償するも大きな特徴だ。

同保険は、車の利用1回ごとの契約手続きではなく、事業者と同社間の年間契約で包括的に補償する。これにより、車両所有者およびカーシェア利用者は補償の抜け漏れの心配なくサービスを利用できる。 また、カーシェアプラットフォーマーごとに補償内容をカスタマイズすることも可能で、人身事故、物損事故および車両などの基本補償に加えて、弁護士費用や車内手荷物の補償も選択できる。

従来の自動車保険では支払対象ではなかったカーシェア利用者による「車両の持ち逃げ」など、「詐欺・ 横領損害」の補償を業界で初めて提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る