あいおいニッセイ同和損保がビッグデータ解析・AI事業強化

あいおいニッセイ同和損保はテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)と資本業務提携し、ビッグデータ解説やAI(人工知能)事業に共同で取り組む。あいおいはTDSEに5600万円、持ち株比率7.96%出資する。

テレマティクス技術の活用の高度化や先進技術の研究などを積極的に展開しているあいおいニッセイ同和は、TDSEとの業務提携でAI活用の商品・サービスの開発に加えて、大学・研究機関との連携や大学からの人材採用などにも共同で取り組む考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る