三井住友海上とあいおいニッセイ同和 中堅・中小企業向け「海外PL保険」を発売

MS&ADグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、中堅・中小企業向け海外PL保険(海 外生産物賠償責任保険)を開発し、2015年4月1日から販売を開始する。
本商品は、輸出した製品を原因とする事故が海外で発生した際の賠償リスクを補償するもの。従来 商品から補償内容を充実させるとともに、加入対象の企業を拡大した。契約手続き も簡潔にするなど、顧客にとって分かりやすく加入しやすい商品としている。

1.商品名

三井住友海上:「ビジネスプロテクター(海外輸出用)」  あいおいニッセイ同和損保 :「タフビズグローバルPL」

2.新商品の特長

(1)加入対象の企業を拡大 加入対象を売上高(輸出額)50億円以下(※1)の中堅・中小企業に拡大。また、直接輸出 はせず、間接輸出(※2)のみの企業も対象とする。 (※1)従来商品では、売上高(輸出額)を三井住友海上は30億円、あいおいニッセイ同和損保は 10億円以下に限定。 (※2) 日本国内で製造または販売され、第三者によって日本国外に輸出されるもの(他の商品の材料、 成分または部品として輸出される場合を含む)。

(2)補償内容の充実 生産物(部品・原材料など)が組み込まれた完成品に対して与えた損害やリコールに伴う生産物の 回収費用を補償するなど、充実した補償内容としている。

(3)スピーディーな契約手続き    保険料の試算や申込書類の作成が代理店で完結するシステムを構築し、必要書類の提出か ら即日でお見積もりの提示が可能とするなど、これまで以上に簡単かつスピーディーな契約手続きを実 現した。

(4)約款の刷新  約款のわかりやすさと海外でのより円滑な保険金支払い対応を実現するため、米国ISO(※3)の2 013年フォームをベースとした内容に刷新した。 (※3)米国で標準的に使用されている約款を作成する「Insurance Services Office」の略称。

3.契約条件  対象生産物、仕向地別の売上高、リスク状況などに応じて個別に引受条件を設定した。

 三井住友海上のニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)は5月1日から、1泊2日以上の入院で一時…
  3. 第一生命は全国の幼児・児童(保育園・幼稚園の園児、小学校1〜6年生)を対象に、「大人になったらなりた…
  4. 新型コロナウイルス感染拡大によって、将来への家計への不安は増大しているようだー。 明治…
  5. 損保ジャパンは4月23日、シェアリングエコノミー業界で初めての被害者補償型保険である「スペースシェア…
  6. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  7. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  8. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  9. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  10. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る