三井住友海上とあいおいニッセイ同和 中堅・中小企業向け「海外PL保険」を発売

MS&ADグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、中堅・中小企業向け海外PL保険(海 外生産物賠償責任保険)を開発し、2015年4月1日から販売を開始する。
本商品は、輸出した製品を原因とする事故が海外で発生した際の賠償リスクを補償するもの。従来 商品から補償内容を充実させるとともに、加入対象の企業を拡大した。契約手続き も簡潔にするなど、顧客にとって分かりやすく加入しやすい商品としている。

1.商品名

三井住友海上:「ビジネスプロテクター(海外輸出用)」  あいおいニッセイ同和損保 :「タフビズグローバルPL」

2.新商品の特長

(1)加入対象の企業を拡大 加入対象を売上高(輸出額)50億円以下(※1)の中堅・中小企業に拡大。また、直接輸出 はせず、間接輸出(※2)のみの企業も対象とする。 (※1)従来商品では、売上高(輸出額)を三井住友海上は30億円、あいおいニッセイ同和損保は 10億円以下に限定。 (※2) 日本国内で製造または販売され、第三者によって日本国外に輸出されるもの(他の商品の材料、 成分または部品として輸出される場合を含む)。

(2)補償内容の充実 生産物(部品・原材料など)が組み込まれた完成品に対して与えた損害やリコールに伴う生産物の 回収費用を補償するなど、充実した補償内容としている。

(3)スピーディーな契約手続き    保険料の試算や申込書類の作成が代理店で完結するシステムを構築し、必要書類の提出か ら即日でお見積もりの提示が可能とするなど、これまで以上に簡単かつスピーディーな契約手続きを実 現した。

(4)約款の刷新  約款のわかりやすさと海外でのより円滑な保険金支払い対応を実現するため、米国ISO(※3)の2 013年フォームをベースとした内容に刷新した。 (※3)米国で標準的に使用されている約款を作成する「Insurance Services Office」の略称。

3.契約条件  対象生産物、仕向地別の売上高、リスク状況などに応じて個別に引受条件を設定した。

 三井住友海上のニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 「この生命保険に加入すれば、入院のリスクが減ります」 将来、生命保険各社による、こんなPR合戦…
  2. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  3. 「ありえない…」「考えられない…」。7月10日に開催されたかんぽ生命と日本郵便の謝罪会見をネットの生…
  4. 2月14日に生命保険各社が経営者向け定期保険などの販売休止を決定した、いわゆる〝バレンタインデー・シ…
  5. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  6. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  7. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  8. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  9.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  10. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る