三井住友海上が国内災害リスク移転で、キャットボンド発行 シンガポールの投資家に

三井住友海上は、 国内の自然災害リスクを対象とする大災害債(以下、「キャットボンド」)「Akibare Re 2020-1」をシンガポールで発行した。アジアの損保会社としてシンガポールでキャットボンドを 発行するのは初めて。 対象リスクは日本国内の台風・洪水リスクで、2020年3月に発行し、発行金額は100百万米ドル(約110億円)で、担保債権の利回りは2.75%。2024年3月末までの4年後に満期を迎える。

シンガポールは、補助金制度を設けるなど、キャットボンドなどの保険リスクを対象とする証券化商品市場の活性化に取り組んでいる。投資家はこうした証券化商品に投資することで、一般の金融市場との相関関係が低い投資利回りが期待できる。

「Akibare Re 2020-1」は、シンガポールに設立した特別目的会社である「Akibare Re Pte. Ltd.」 を通じて機関投資家向けに発行される。国内の自然災害によって生じた損害があらかじめ設定した条件を超過した場合に、その超過額に応じて投資家へ償還予定の元本の一部または全部が再保険金に充当され、元本が減額される。

近年、台風や洪水等の国内自然災害の発生により、甚大な被害をもたらすケースが増えており、こう した大規模な自然災害が続くことで、再保険市場の不透明性が高まっている。 同社は、再保険により保有リスク量の削減を図りつつ、再保険カバーの調達手段を多様化させて、長期安定的なカバーを確保するため、キャットボンドを発行した。

キャットボンドの概要とその仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る