東京海上日動がAlexaを活用した「ちょいのり保険(1日自動車保険)」を販売開始

「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。

東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを活用した音声で加入できる「1日自動車保険(ちょいのり保険)」の販売を開始した。音声で加入が出来る保険の販売は国内で初めて。

同社は2012年に業界初の1日自動車保険である「ちょいのり保険」を開発し販売してきた。「ちょいのり保険」は運転免許を保有しているものの、自身の車を所有しない若年層の顧客の「無保険自動車事故の縮減」「潜在的な運転機械の創出」に寄与したいというコンセプトで発売した保険。親や友人の車を借りて運転中に事故を起こした場合にも補償され、必要な日数分だけ加入することができる。販売開始以降、スマホやWeb,コンビニなどさまざまな加入方法を用意しており、累計利用申込件数は500万件を突破している。

一方、デジタル技術の進展などで、物の購入形態が多種多様になっていく中、今後の保険の加入方法の多様化も見込まれる。こうした中、同社は音声で加入できる環境を日本で初めて整備した。Amazon Echoシリーズをはじめとしたアレクサ搭載デバイス(スピーカー、各種家電、タブレットなど)を通じて顧客が音声でも「ちょいのり保険」に加入できるようアレクサスキルを用意した。

アレクサはアマゾンのクラウドベースの音声サービスだ。アレクサスキル「ちょいのり保険」を通じて顧客は音声で車に乗る直前でも、前回申しこんだ同じ車両かつ同じ補償プランで「ちょいのり保険」に加入できるようになる。音声で「アレクサ、ちょいのり保険を開いて」と言うだけで加入の手続きが始まる。アマゾンのアマゾン・ペイを利用して「ちょいのり保険」に加入できる。

利用条件は以下の4点。

  • 過去、インターネットなどのWeb経由で「ちょいのり保険」に加入した実績があり、前回加入した同じクルマかつ同じ保険プランの場合に限る。
  • 保険期間は申し込み完了時から24時間以内。
  • 保険運転者本人(記名被保険者)以外の人を運転車(臨時被保険者)として追加することはできない。
  • 保険料の払い込み方法はアマゾンペイに限る。

初回はインターネットなどのWeb上で申しこむ必要があり、2回目以降にアレクサに話しかけて申しこむことが可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る