あいおいニッセイ同和 医療機関向け取引信用保険の販売開始

MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解決策の一つとして「医療機関向け取引信用保険」の販売を開始した。

具体的には、病床数200以上の医療機関を対象に、患者の窓口負担分について一定の条件のもと、回収不能となった未収金の一部に対して保険金を支払う。

医療機関は未収金を保険金として回収することで、収益を安定化させるとともに、対外的な信用力を向上することができる。

近年の訪日外国人や独居老人、救急搬送者などの増加が未収金の発生に拍車をかけている。医療機関は医師法第19条によって、応召義務(診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならならない)があり、医療を拒むことができない。そのため、これの義務が未収金発生の原因ともなっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る