あいおいニッセイ同和 医療機関向け取引信用保険の販売開始

MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解決策の一つとして「医療機関向け取引信用保険」の販売を開始した。

具体的には、病床数200以上の医療機関を対象に、患者の窓口負担分について一定の条件のもと、回収不能となった未収金の一部に対して保険金を支払う。

医療機関は未収金を保険金として回収することで、収益を安定化させるとともに、対外的な信用力を向上することができる。

近年の訪日外国人や独居老人、救急搬送者などの増加が未収金の発生に拍車をかけている。医療機関は医師法第19条によって、応召義務(診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならならない)があり、医療を拒むことができない。そのため、これの義務が未収金発生の原因ともなっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る