三井住友海上が企業向けサイバーセキュリティ対策サービス強化

三井住友海上とグループ会社のインターリスク総研は、日本電気(NEC)とNECソリューションイノベータと協業し、企業でのサイバーセキュリティ対策を多角的に支援する。

NECとNECソリューションイノベータはセキュリティ対策サービスの提供と技術的対策支援を、インターリスク総研はセキュリティ体制診断・整備・訓練支援を、三井住友海上はサイバーリスク補償保険を提供する。

2015年に経済産業省と独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)により「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が策定され、サイバー攻撃は「企業経営」にかかわる重要リスクと位置づけられている。しかし、サイバー攻撃が高度化・巧妙化する中、さまざまな業種・規模の企業に対してサイバー攻撃の被害が増加しており、企業は自社でサイバーリスクを把握し、効率的かつ効果的なリスクマネジメントを実施することが難しくなっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る