NTTデータがブロックチェーンでコンソーシアム発足

フィンテックの「本命」と言われるブロックチェーンの実用化にまた一歩近づいたのは間違いない。

NTTデータは。8月30日、貿易業務において関係者間で日本初のコンソーシアムを発足させ、ブロックチェーンを貿易業務で活用した取り組みを強化していくことを表明した。

関係者とは、銀行・保険・総合物流・輸出入業者の13社で、保険会社は東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上の3メガ損保がメンバーに入る。

貿易業務は保険証券やインボイス、信用状など取り引きの際に多くの書類が発生して、手続きが煩雑になっている。ブロックチェーンを活用することで、業務の効率化やコストの削減も図れる可能性があり、関係者間で実証実験を実施している。

ブロックチェーン技術自体はまだ確立された技術ではなく、ビットコインなど仮想通貨が実現しているだけだが、今後、ビジネスの分野でも利用が広がると予測されている。

保険会社の中でも特に損害保険会社は、ブロックチェーンの実証実験に積極的で、さまざまな領域で実証実験が行われている。まだ実用化には乗り越えなくてはいけない壁はあるが、もし、ビジネスの分野でうまく取り込むことができれば、大きく業務を効率化できる可能性を秘める。

損保各社が注目しているのが「プライベート型」と「コンソーシアム型」の形態で、仮想通貨のように不特定多数の参加者でネットワークを構築する「パブリック型」とは一線を画す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る