損保ジャパンが「駐車場シェア専用保険」をakippaと共同開発

損害保険ジャパンは、駐車場シェアリングサービスの最大手である akippa と、業界初の駐車場シェア専用保険 を開発した。オーナーが駐車場の貸し出し中に発生した、ユーザーの事故に起因する物損害と傷害補償、賠償責任を補償する。202061日からakippaのサービスを利用しているオーナー所有の全ての駐車場に適用される。
 これまで個人宅の駐車場を貸し出すことに対して、オーナーには万が一の不安というものが常に付きまとっていた。それによって、貸し出すことをためらう人が一定数存在し、駐車場オーナーの伸び悩みにもつながっていた。
 損保ジャパンとakippaは、こうした不安を解消する専用保険により、オーナーへさらなる安心を提供し、駐車場シェアリングサービスの拡大やサービスの利便性向上を図る考えだ。
 2019 年 10 月に、SOMPOホールディングスは、akippa の株式約 33.4%を取得、関連会社化し、駐車場シェアリング事業の推進に取り組んできた。 akippa は、 DeNA SOMPO Carlifeを総代理店として、全国の損保ジャパン保険代理店と連携してオーナーを開拓し、3 年後の 2022 年には会員数を 1,000 万人、駐車場の拠点数は 20 万拠点まで拡大していく予定。
 駐車場シェアリング業界は、2030年度までに約600億~1,000億円規模の市場に成長する見通しだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る