ビットコイン事業者向けにサイバー保険開発 三井住友海上

三井住友海上とbitFlyer (ビットフライヤー)は、ビットコイン事業者向けにサイバー攻撃などによるリスクを包括的に補償する専用保険を共同開発した。日本最大のビットコイン取引所を運営するビットフライヤーは従来から一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)を通じて、ビットコインの利用者保護の取り組みを推進しており、安全・安心なビットコインのサービスの普及と発展を図るため、三井住友海上と連携し国内初のビットコイン事業者向けのサイバー保険を開発した。

ビットコイン市場は今後大きな成長が見込まれており、ビットコイン関連サービス運営事業者の数も増加中だ。インターネットをビジネスの基盤とする運営事業者は利用者が安心して取り引きできるようにさまざまな対策を講じる必要があるが、企業・団体に対するサイバー攻撃の増加と被害の拡大を受けて、サイバーリスク対策は重要な経営課題になっている。

こうした中、開発されたサイバー保険の特徴は、サイバー攻撃などによって発生したビットコインの盗難、消失などに対する損害賠償のほか、事故対応に必要となる各種対策費用(見舞金費用・コンサルティング費用・原因調査費用・被害拡大防止費用など)まで補償すること。

またサイバー攻撃で被害が発生した際には、専門知識や技術が必要な原因調査や証拠保全などの事故対応について、運営事業者からの要請で経験豊富な専門事業者を紹介する。

サイバー攻撃による被害を未然に防ぐために、標的型メール訓練や情報漏えいリスクに関するセキュリティ診断、従業員向けのチェックリストなどのサイバーリスク対策サービスを提供する。

ビットコインをはじめとする仮想通貨のへの規制を盛り込んだ改正「貸金決済法」が2016年6月に公布され、1年以内の施行が予定されている。同法で仮想通貨は「財産的価値」として定義され、法規制を受けて、ビットコイン事業者は今後さらに発展することが期待される。一方、企業や団体に対するサイバー攻撃が増加しており、その手法も巧妙化しており、その対策が課題となってた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. ライフネット生命は 4 月 1 日から、セブン&アイグループの金融事業を担うセブン・フィナンシャルサ…
  2. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  3. 東京海上日動は2020年3月から、国内企業とその国内外連結対象子会社を対象とした、テロ・破壊行為など…
  4. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年4月1日(水)より、主力商品である「未来のとびら…
  5. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  6. 住友生命は3月24日から、同社として初めて、認知症保険を発売する。商品名は「認知症PLUS」。認知症…
  7. 日本生命は4月2日から同社として初めてとなる認知症保険を発売する。認知症の前段階の「軽度認知障がい(…
  8. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
  9. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  10. [caption id="attachment_2373" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る