損保ジャパン日本興亜、インフルエンザ集団感染の休業を補償する初の保険を発売

介護事業の安定経営を支援し、地域包括ケアシステムの構築に貢献する―。
インフルエンザの罹患者がこのところ急増している。高齢者が多くいる介護事業者によっては、インフルエンザの蔓延によって事業継続が困難になるケースも少なくない。
こうした中、損害保険ジャパン日本興亜は、介護事業者を対象とした集団感染発生時の休業補償保険を販売開始した。同商品は、店舗休業保険に新たに開発した「食中毒・感染症による休業損失補償追加特約」を付帯したものだ。

1.販売開始の背景
感染症への抵抗力が弱いとされる高齢者が利用する介護施設においては、施設利用者にインフルエンザ、ノロウイルス等による感染性胃腸炎が発症した際、症状が重篤化するリスクが高く、感染症発生時の対策は大きな経営課題となっている。また、通所介護事業、短期入所生活介護事業等では、感染拡大防止のため、施設の一時閉鎖、利用者受入の一時停止を行うケースも多く、集団感染の発生が収益喪失に直結し、経営を圧迫する可能性が高くなる。このような介護事業の経営課題への保険ニーズの高まりを受け、介護事業者専用の感染症による休業リスクを補償する新たな保険を開発した。

2.商品の概要
(1)保険種目 店舗休業保険
(2)販売対象 介護事業者
(3)補償内容 通常の店舗休業保険リスク(火災、落雷、風災などによる収益減少)
+食中毒・感染症による休業損失補償特約
(結核等の感染症法上の1類~3類感染症、食中毒による収益減少)
+食中毒・感染症による休業損失補償追加特約(新設)
(インフルエンザ(新型インフルエンザを除く)、ノロウイルス等による収益減少)

3.商品の特長
これまでの保険では補償対象外であった、施設におけるインフルエンザ(新型インフルエンザを除く)、ノロウイルス等による感染性胃腸炎の集団感染発生に伴う収益減少リスクを補償する。事業休止中の収益を補償することにより、介護事業者が感染拡大防止に向けた対策を着実に実行できるようサポートしていく。

無題

利用者受入停止から営業再開までの休業期間を補償する

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. ライフネット生命は 4 月 1 日から、セブン&アイグループの金融事業を担うセブン・フィナンシャルサ…
  2. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  3. 東京海上日動は2020年3月から、国内企業とその国内外連結対象子会社を対象とした、テロ・破壊行為など…
  4. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年4月1日(水)より、主力商品である「未来のとびら…
  5. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  6. 住友生命は3月24日から、同社として初めて、認知症保険を発売する。商品名は「認知症PLUS」。認知症…
  7. 日本生命は4月2日から同社として初めてとなる認知症保険を発売する。認知症の前段階の「軽度認知障がい(…
  8. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
  9. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  10. [caption id="attachment_2373" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る