損保ジャパン日本興亜が契約者にドラレコを無料貸与

損害保険ジャパン日本興亜は、ドライブレコーダーを活用した個人向けテレマティクスサービスの提供を2017年3月から開始した。(サービス名:『DRIVING!~クルマのある暮らし~』、以下『ドライビング!』)。  『ドライビング!』は、「これまでに培った損保ジャパン日本興亜の安全運転支援ノウハウを活用した、すべてのドライバーの安心・安全なカーライフを支える新しいテレマティクスサービス」(同社)という。

具体的には、自動車保険契約者を対象に、2017年4月1日から9月30日まで無料で専用のドライブレコーダーを貸与し(先着5000台限定)、安全運転や事故防止などに役立ててもらう。ドライブレコーダーには、「安全運転支援機能」や「緊急メール発信機能」を搭載。運転後は「安全運転診断」の配布や「視機能トレーニング」なども受けることが可能。

自動車の安全性能向上等に伴い、近年自動車事故は減少傾向にあるが、高齢者や若年層など 依然として事故率が高い世代もあり、ドライバー自身による安全対策は不可欠な状況だ。 こうした背景をふまえ、運転歴の浅い方や運転に不安を覚える人、高齢者やそのご家族に安心を提供することは損害保険会社の使命と考え、デジタル技術を活用した新たな安全運転支援サービスを開発したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 「この生命保険に加入すれば、入院のリスクが減ります」 将来、生命保険各社による、こんなPR合戦…
  2. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  3. 「ありえない…」「考えられない…」。7月10日に開催されたかんぽ生命と日本郵便の謝罪会見をネットの生…
  4. 2月14日に生命保険各社が経営者向け定期保険などの販売休止を決定した、いわゆる〝バレンタインデー・シ…
  5. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  6. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  7. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  8. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  9.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  10. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る