三井住友海上がカスタマーセンターのノウハウを「見える化」!

Exif_JPEG_PICTUREMS&ADグループの三井住友海上は、カスタマーセンターの11種類の電話応対ノウハウを代理店に提供する「カスタマーセンター11(イレブン)」を昨年10月から展開している。同社の代理店(約4万店)であれば活用でき、多くのメニューが無料だ。(一部有償のサービスもある)

カスタマーセンター11の狙いは代理店の電話応対力の向上や業務効率化、新規開拓・増収などで、カスタマーセンターで長年培ってきた電話応対ノウハウを「研修DVD」や資料などのツールや、出張支援などの形で提供する。

Exif_JPEG_PICTUREメニューは大きく分けて、①電話応対品質向上、②新規開拓・増収、③業務効率化の3つあり、代理店が11種類のメニューから自由に選択してニーズに合ったサービスを活用できる。たとえば、「電話応対品質向上」では、「高齢者対応用のツールの提供」「電話応対研修」「電話応対ワンポイントレッスンDVDの提供」など。「新規開拓、増収」では、「自動車保険車両入替時の補償アップ提案ノウハウ提供」「テレマーケティング」「火災保険契約ノウハウ提供」、「業務効率化」では、「自動車保険契約内容変更サービス」「火災保険契約手続サポート」などのサービスメニューがある。

研修は、カスタマーセンターのオペレーターに実施している研修メニューやトークスクリプトなどを元に行う実践的な内容だ。代理店からは「電話応対スキルを磨きたい」「お客さまに伝わる話し方を学びたい」「さらなる業務効率化を図りたい」などの声が以前から多くあり、その要望に応える形で、ノウハウを「見える化」して提供する。

同社のカスタマーセンターは、東京・神戸・札幌の3拠点。年間の入電件数は約150万件で、社員・オペレーター含めて約700人の陣容。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  2. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  3. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  4. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  5.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  6. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  7. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  8. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  9. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  10. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
ページ上部へ戻る