国内新車販売、3年ぶりに増加 500万台回復

日本自動車工業会は3月16日、2016年度の国内新車塩梅台数が前年度比2%増の503万8300台となり、3年ぶりに増加する見込みと発表した。16年9月に発表した従来の見通しに比べて、約20万台上振れする。

排気量660cc超の登録車の16年度の販売台数は6%増の331万9300台となる見込みで、日産自動車のハイブリット技術を駆使した小型車「ノート」のヒットなどが寄与した模様だ。

一方、軽自動車市場は5%減の171万9000台を見込んでいる。13年度の226万台をピークに3年連続の減少となる見込みだ。

若者のクルマ離れなどが指摘されているが、環境技術や安全装置などを搭載した自動車が需要を喚起し、新車市場も回復基調にある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  2. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  3. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  4. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  5.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  6. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  7. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  8. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  9. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  10. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
ページ上部へ戻る