日新火災、高経年のマンションを積極的に引受け 日管連と新火災保険開発へ

日新火災(社長:村島 雅人氏)は、マンション管理組合向けの新しい火災保険の共同開発を目的として、一般社団法人 日本マンション管理士会連合会(会長:親泊 哲氏、以下「日管連」)と1月27日に業務提携契約を締結した。

マンション管理組合向けの火災保険は、マンションの高経年化が進むことで、水濡れ事故などが増加している。こうした中、損害保険各社では、保険引受の制限や保険料を値上げする動きが出ている。

日新火災では、マンション管理士が管理状況の診断を行って、高経年でも管理状況が良いマンションについては、積極的な保険引受を行うとともに、日管連と共同で、管理状況に応じた保険料を実現する「管理組合向けの新しい火災保険」を開発することにしたもの。

日新火災と日管連は、①マンション管理組合向け火災保険の共同開発②マンション管理士による管理状況の診断制度の構築ーで業務提携した。

新商品発売は2015年10月を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  2.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  3. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  4. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  5. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  6. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  7. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  8. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  9. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  10. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
ページ上部へ戻る