アイペット損保が農園開園で障がい者雇用支援

アイペット損害保険は、障がい者雇用支援サービスを提供するエスプールプラスが運営する「わーくはぴねす農園 船橋第3ファーム」の一画に「アイペットファーム」を開園し、同農園で働く障がい者を雇用する新たな取組みを開始した。

同社では、ペットと人間が共に健康で幸せに生きていけるような社会を目指し、「ペットと人のSDGs」を定義している。その重点課題の1つに「従業員の健やかな生活と成長」を掲げており、全ての従業員に活躍の機会を提供し、多様な人材が活躍できる職場環境の実現を目指している。この取組みは、障がい者を雇用した農園の運営を通じて、障がいを持つ社員も、長期的に安心して就業・活躍できる環境を創出し、働きがいのある職場環境づくりを推進するもの。

「アイペットファーム」では、6名の障がいを持つ社員が、同社社員が務める農場長のもと、ともに農作業に従事し、様々な農作物の栽培を予定している。また、収穫された作物は福利厚生の一環として社員へ配布する他、本取組みに賛同する配布希望者から寄付金を募り、動物福祉活動への支援に役立てることなども検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  2. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  3. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  4. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  5. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る