ひまわり生命がアイリックコーポレーションと協業、常陽銀行でコンサル機能強化へ

SOMPOひまわり生命は、常陽銀行、アイリックコーポレーションと協業し、顧客向けコンサルティング機能強化を図る。同社が常陽銀行に提供しているライフプラン診断サービス「ライフプランコーチ for 常陽銀行」とアイリックコーポレーションの「ASシステム」を連携し、顧客が漠然と抱えている疑問や不安を、ITサービスおよび常陽銀行のコンサルティング力で解決するというもの。7月10日から提供を始めている。金融機関に提供している「ライフプランコーチ」に「ASシステム」と連携した「生命保険証券確認機能」を実装するのは、全国の金融機関で常陽銀行が初めて。

同サービスは、顧客は「ライフプランコーチ for 常陽銀行」で算出した必要保障額と比較して、現在加入している生命保険の死亡保障金額の過不足を自身で確認することができる。生命保険情報を事前に金融機関と連携することで、来店回数の削減につながるとともに、来店の際には、効率的かつ有益な説明やコンサルティングを受けることが可能となる。

これまで金融機関で生命保険に関する相談の際は、顧客に寄り添ったコンサルティングを提供するために、何度も来店してもらう必要があった。同サービスの導入は、利便性・サービスレベルの向上につながると考える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る