東京海上日動がブロックチェーン活用した「保険金支払業務自動化」の実証実験実施

東京海上日動とディーカレットは、2020 年3月から、保険料の領収や保険金支払いなど「保険契約における業務プロセス」を対象に、ブロックチェーン技術を利用した自動化に関する実証実験を実施している。

同本実証実験では、ディーカレットが構築中の「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用。具体的には、ブロックチェーン上に保険契約の情報などを事前に登録しておき、事故が発生した際に事故情報をブロックチェーンに読み込ませる。その後、保険金支払い条件に合致したか否かを自動的に判定し、保険金をデジタル通貨で即座に支払う仕組みの有効性について検証している。

また、東京海上日動と東京海上日動の若手有志団体である Tibに対して、ブロックチェーン上でトークンを発行し、トークンを保険料や保険金と見なすことで、スマートコントラクト(送金や決済といった取引に伴うさまざまな処理を自動化する仕組み)を用いた保険金請求支払業務の自動化に関する有効性を実証した。

ディーカレットが構築したプラットフォームは、利用企業が独自にデジタル通貨を発行可能な機能を備え、スマートコントラクトを利用した処理の実装も可能。また、取引にまつわる一連のプロセスを効率化し、少額のお金のやり取りもリアルタイムに実現する。東京海上日動は 2018 年1月にディーカレットに出資をしており、同実証実験は資本提携業務の一環だ。

ディーカレットはプラットフォームの事業化を目指しており、既存の決済サービスへの価値移転や交換機能・サービスなど、デジタル通貨の利便性を高めるサービスの提供を増やす予定。

東京海上日動のニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る