損保ジャパン、AI自動応答サービスの対応保険種目を拡大

損保ジャパンは、 BEDORE(本社:東京都文京区、代表取締役:下村勇介、親会社:株式会社 PKSHA Technology)が提供する、「BEDORE(ベドア) Conversation」を使用し、顧客からのインターネットを利用した問い合わせに AI が自動応答を行うサービス(AI チャットボット)で、対応できる保険種目を7月15日から拡大した。2020年1月から、新・海外旅行保険【off!】でのサービスを開始していたが、自動車保険、自賠責保険、火災保険、特約火災保険にも拡大した。

AI チャットボットは、同社公式ウェブサイトに設置した「AI チャットボット起動ボタン」からご利用可能で、「BEDORE Conversation」の自然言語処理技術により、「子どもが免許を取ったのですが、自動車保険の変更はどうしたらいいですか?」というような、日常的に使う言葉を入力すると自動応答エンジンが最適な回答を判断し、会話形式で回答する。また、問い合わせ内容が複雑な場合、「シナリオ型対話機能」により、求める情報の候補を複数提示する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る