三井住友海上、中小の運送事業者対象に自動車保険の割り引き制度新設

三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省が推進する運輸安全マネジメント認定セミナー(以下、「認定セミナー(※1)」)を 受講した運送事業者を対象に保険料を3%割り引く 。

同特約の提供で、運輸安全マネジメント制度 (※2)のさらなる普及を後押しし、企業の自発的な安全管理体制の構築やPDCAサイクルによる継続的な安全取組を推進することで、重大事故の未然防止、再発防止につなげる。

(※1) 「認定セミナー」は、主に中小の運送事業者を対象に、国土交通省の認定したカリキュラムに基づき民間機関が実施するセミナー。グループ会社のインターリスク総研も、「認定セミナー」の実施機関として認定を受けている。

(※2)運輸安全マネジメント制度は、運送事業者のヒューマンエラーによる事故の増加に伴い、平成18年10月に創設された、輸送の安全性向上に向けた取組を推進する制度。

運輸安全マネジメント制度の創設以来、運送事業者による安全管理体制が整備され、事故の軽減につながる一方、中小の自動車運送事業者は安全管理規程の作成及び届出等の義務付け対象から外れる ため、安全管理体制の不十分な企業も多く、ヒューマンエラーによる重大事故の発生が課題となっていた。 こうした中、同社は「認定セミナー」の受講を通じて保険料を割り引くインセンティブを提供し、 企業の自発的な安全取組の浸透・定着を支援するため、同特約を開発した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る