大同生命、国内生保で初 デジタル通貨の発行実験開始

大同生命は7月7日から、株式会社ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を用いたデジタル通貨に関する実証実験を開始した。国内生命保険会社として初めて、自社ブランドのデジタル通貨を発行し、実証実験参加者に限定した仮想経済圏を構築するという。

参加者は、スマートフォンアプリでデジタル通貨を保有し、物品購入やスマートコントラクト(※)による自動積立等を行うことで、デジタル通貨やブロックチェーン技術の生命保険業への応用可能性を検証する。同社は2019年7月にディーカレットに出資しており、今回の実証実験は協働による取組みの一環。

両社は、今後もデジタル通貨等のテクノロジーの活用を通じ、より利便性の高い生命保険の実現を目指す考え。
(※)送金や決済といった取引に伴うさまざまな処理を自動化する仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る