三井住友海上プライマリー生命、外貨建て商品研修ツールをリニューアル

三井住友海上プライマリー生命は、「わかりやすく伝える 外貨建て保険販売の苦情未然防止研修」と「5分で学ぶ、苦情・不祥事故等未然防止研修」をリニューアルし、7月13日から提供している。 「わかりやすく〜」は、金融機関代理店の外貨建て保険商品に関する苦情縮減を目的として昨年5月に開発。2019年度には48代理店、約5,700名の金融機関代理店の管理者・販売担当者が受講している。リニューアルでは、金融機関代理店からの意見をふまえ、データの最新化、苦情事例の更新、アフターフォローパートの拡充等を行った。

また、「5分で学ぶ〜」は、昨年10月に開発・導入した苦情・不祥事故等の未然防止に関する研修で、販売担当者がパソコンやタブレット・スマートフォン等で短時間に効果的に自己学習できる。今回、4つの苦情事例を追加し、計13事例を学習できるように改訂した。同社ではこれらの研修を通じて、外貨建て保険募集プロセスに則った適正な保険募集の一層の定着に加え、金融機関代理店における顧客本位の業務運営の促進および銀行窓販業界全体の苦情の縮減に取組んでいく考え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る