損保ジャパン、旅行事業者向けに新たな補償制度

損保ジャパンは、旅行事業者がサービス規約に基づいて旅行者に支払った費用を補償する「国内ツアー補償制度」の提供を7月8日から開始した。適切な感染防止対策を講じている旅行事業者を対象としたもので、新型コロナウイルス感染症の拡大により落ち込んだ国内旅行需要の回復を後押しするのが狙い。

旅行事業者が「サービス規約等」に基づいて負担した費用とは、例えば、①ツアー初日の集合時の検温で発熱が分かり、旅行に参加できなかった場合の見舞金②旅行中に発熱し、PCR検査を受けるために旅行を中断し離脱した場合の見舞金③国内ツアーの参加者が旅行中に新型コロナウイルス感染症に感染し、旅行終了後翌日から14日以内に感染が発覚した場合の見舞金など。契約者・被保険者は旅行事業者で、損保ジャパンが定める基準を満たす適切な感染防止対策を講じている国内ツアー(宿泊・日帰りを問わない)が対象となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る