メットライフ生命、新型コロナ感染の拡大防止でマスク 10 万枚を寄付

メットライフ生命は、同社の主な事業拠点である東京都、長崎県、兵庫県の医師会に、合計 10 万枚のマスクを寄付することを決定した。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全国的に医療機関で医療資材が不足する中、提供するマスクは、各医療機関並びに医療従事者に加えて、長崎県においては、地域外来・検査センターやクルーズ船での感染者対応に従事している関係者にも配布する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る