損保ジャパン、企業向けIoTソリューションサービスの開発・提供で業務連携

損保ジャパンとSOMPOリスクマネジメント、NTTPCコミュニケーションズは、故障・事故ゼロ社会の実現につながる IoTソリューションサービスの開発・提供に向けて業務連携・協力で合意したと6月29日に発表した。第一弾として、熱中症ゼロ社会の実現を目指し、SOMPOリスクマネジメントが、NTTPCのリストバンド型ウェアラブルIoTサービスを基盤とした就業者の安全と健康を見守る「みまもりふくろう〜労務管理・体調管理コンサルティングサービス〜」を販売する。

少子高齢化の進展や生産年齢人口の減少によって経済規模の縮小や労働力不足などの社会的・経済的な課題の深刻化が予測される一方、IoTの普及で多様な人・モノ・組織がネットワークにつながることで、様々な社会的課題の解決や新たな社会価値の創出が可能な時代が到来しつつある。こうした中で3社は、人・モノの見守りの分野でIoTソリューションサービスの開発・提供に共同で取り組み、顧客の「安心・安全・健康」に資する最高品質のサービスを提供していく方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る