第一生命、IFFIm発行のワクチン債に158億円投資

第一生命は、予防接種のための国際金融ファシリティ(以下「IFFIm」)が発行するワクチン債に約158億円投資したと6月29日に発表した。新型コロナウイルスのワクチン開発を目的としてIFFImが世界で初めて発行するワクチン債で、日本からの投資は同社のみ。

IFFImは、GAVIアライアンス(以下「GAVI」)の予防接種プログラムのための資金を円滑に提供することを目的に2006年に設立された多国間開発機構で、世界銀行が財務管理を行っている。今回の債券で調達された資金は、GAVIを通じて「感染症流行対策イノベーション連合」 (以下「CEPI」)に供給される。CEPIは、有効なワクチンが存在しない感染症に対するワクチン開発・供給を行う機関であり、今般の資金はCEPIが行う新型コロナウイルスのワクチン開発プロジェクトに充当される。

同社は、幅広い資産で運用する「ユニバーサル・オーナー」として、「QOL向上」「地方創生・地域活性化」「気候変動」を重点テーマとしてESG投資を推進。国際開発金融機関等が発行するSDGs債にも積極的に投資しており、新型コロナウイルス対策を目的とした SDGs債には、今回の投資を含めて計3件、約362億円の投資を行っている。新型コロナウイルスのワクチン早期開発に向けたIFFImとCEPIの取組を資金面からサポートする方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る