損保ジャパン、IoT セキュリティ分野で日立ソリューションズと協業

損保ジャパンは、日立ソリューションズとIoT(Internet of Things)分野でビジネス合理性を担保できる保険サービスを開発する。製造業におけるスマートファクトリー化に代表されるような IoT活用の成果を最大限に享受するため、従来問題視されていたセキュリティリスクを適切に評価し、保険料と連動させるというもの。その第一弾として、6月26日からIoT データを収集し、セキュリティリスクを診断するPoC(Proof of Concept:概念検証)協力企業の募集を始めた。

協力企業は、日立ソリューションズの専門技術者から提出されるリスク診断レポートによって、制御/IoTシステムにおけるセキュリティリスクを確認することが可能となる。損保ジャパンは、PoCで収集したデータを基に、リスク診断のノウハウでリスク量(想定される損害の規模や発生頻度など)を解析し、保険料を柔軟にきめ細かく設定する保険サービスを提供する。

一方、日立ソリューションズは、各種セキュリティソリューションに損保ジャパンが開発する保険を付帯し、企業のIoT機器のセキュリティ対策をトータルに支援していく。制御システムを狙ったサイバー攻撃や、IoT機器の脆弱性を狙った不正アクセスなどセキュリティの脅威は増大しており、その対策は重要な経営課題となっている。両社はITとファイナンスの両面からトータルで事業活動を支援する新たなサービスを共同で開発し、製造業や社会インフラ、医療などのスマート化を強力に支援するとともに、Society5.0の実現に貢献していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  2. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  3. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  4. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  5. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る