オリックス生命の個人保険が「申込書」「告知」の2つ揃えば保障開始に

オリックス生命保険(本社:東京都港区、社長:片岡 一則氏 )は、2015年5 月2日から、オリックス生命が販売するすべての個人保険を対象に「責任開始に関する特約」の取り扱いを開始する。

「責任開始に関する特約」を付加した場合には、「申込書の受領」および「告知」の2つが揃った時から保障が開始される。これまで、保険契約上の保障については、①申込書の受領②告知③第1回保険料の払い込み―の三つの要件が全て満たされた時点から保障が開始されるのが原則だった。契約者は、第1回保険料の払い込みを行う前から保障を得られることになる。

この特約は同社のすべての個人保険に自動的に付加されるため、追加の保険料負担などは生じない。

無題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る