損保ジャパンら4社、ビッグデータ活用したサイバー保険商品などの開発に向け共同研究開始

損保ジャパン、株式会社サイバーセキュリティクラウド、SOMPOリスクマネジメント、株式会社フィナンシャル・エージェンシー(以下、FA)は、サイバーセキュリティクラウドが展開するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」や、AIによるAWS(Amazon Web Services)WAF のルール自動運用サービス「WafCharm」から得られるサイバー攻撃検知ビッグデータの活用に向けた共同研究を開始すると2020年6月10日に発表した

アフターコロナの時代において、テレワークの急速な浸透や巣ごもり志向によるオンラインソリューションの需要拡大とともに企業のサイバーリスクが高まることが予想されている。さらに、年々高度化・巧妙化するサイバー攻撃の深刻化などで、サイバーリスクは企業経営における重大リスクに位置付けられているが、セキュリティ対策が十分ではないケースが多く、適切な対策が喫緊の課題となっている。

そうした中、サイバーリスクを包括的に補償するサイバー保険やサイバーセキュリティソリューションを提供する損保ジャパンとSOMPOリスクマネジメント、保険のDX(DigitalTransformation)企業である FA、1.3兆件を超えるサイバー攻撃に関するビッグデータを保有するサイバーセキュリティクラウドの4社は、蓄積された過去のサイバー攻撃に関するビッグデータを分析。近年の国内企業を取り巻くサイバーリスクを定量化するとともに、共同研究期間中に新たに取得される攻撃検知データの分析により、アフターコロナ時代のサイバーリスクの傾向をいち早く捉え、新たな保険商品および関連ソリューションの開発につなげる。

4社は、今回の取組みを通じて、アフターコロナ時代における企業活動のサイバーリスク対策を支援すると共に、今後もWeb上におけるリスクの啓蒙、最適なサービスの開発を推進していく方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る