ペットの保険金請求理由の1位は、犬「皮膚炎」、猫「下痢」

アイペット損害保険は、契約者からの保険金請求実績に基づくペットの「保険金請求が多い傷病 のランキング」を今年も発表した。

総合(通院・入院・手術)で最も保険金請求が多かったのは、3年連続で犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」となった。総合(通院・入院・手術)では、犬猫共通で「消化器系疾患」、猫は「泌尿器系疾患」が多い傾向にある。手術で最も保険金請求が多かったのは、昨年同様、犬は「腫瘍」、猫は「異物誤飲」、年齢別では、0歳で犬猫ともに「下痢」、1~6歳では犬猫ともに「皮膚炎」、7歳以上では犬は「皮膚炎」、猫は「腎臓病」が最多となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る