メットライフ生命、AI活用の 保険金・給付金不正請求検知システム 運用開始

メットライフ生命は、フランスのスタートアップ企業であるシフトテクノロジー社が開発したAI を活用した保険金・給付金不正請求検知システム「Force(フォース)」を導入し、運用を開始した。保険金・給付金査定フローの基幹業務において、クラウドベースの AI ソリューションを本格展開するのは、国内の生命保険業界で初めてという。

メットライフ生命では、顧客からの保険金・給付金請求処理にあたり、さまざまな疾病やケガへの治療による請求理由の中から不正請求を事前検知している。従来は熟練した査定者が時間をかけて査定をおこなう必要があり、いかに正確に早く処理できるかが課題となっていた。

5 月 24 日に「Force(フォース)」を導入することにより、不正事案を含めた過去の膨大なデータをAI に機械学習させたことから、保険金・給付金請求時の査定で不正が疑われる請求を迅速かつ正確に検知する態勢を整えた。世界各国で事業を展開しているメットライフでは、この保険金・給付金不正請求検知ソリューション「Force(フォース)」を海外拠点での導入を予定している。

執行役 常務オペレーションオフィサーの福島 太郎氏は、「従来、多くの作業時間が必要であったり、人が見つけにくかった事例が、今回の AI を使った技術で、業務のイノベーションが可能になった。今後も IT を使って、顧客サービスの向上とリスク管理の強化を進めていきたい」と語った。

関連記事:MS&ADがAI活用の不正請求検知ソリューションの運用拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る