AIG富士生命、長崎にコールセンターを開設 顧客対応の新拠点に

AIG富士生命は、長崎市内に「長崎コミュニケーションセンター(仮称)」を新設することをに決定した。メットライフ生命が所有する「メットライフ長崎ビル」内にオープンする。2014 年10 月から業務を開始し、2015 年3 月までに約70名のTSR(Telephone Sales & Service Representative=会社を代表し電話を通じて顧客にサービスを提供する人)を正社員として採用する予定だ。

コールセンターでの業務範囲は、①顧客と代理店からの各種ご照会やご相談への対応、②契約後に発生する内容変更事項等の手続き、③新しく保険への加入を検討する顧客からの問い合わせなど。

AIG富士生命では、従来より近畿地方の複数拠点でコールセンター業務を行ってきたが、「長崎コミュニケーションセンター(仮称)」の開設により、より高い業務効率を達成するとともにコールセンタースタッフへの専門的・高品質の研修を通じて、顧客に提供するサービス品質の一層の向上を図る考えだ。 今回の新センター開設で、複数センター体制となり、大規模災害発生時にもコールセンター事業が滞りなく継続できる体制を整備している。

AIG富士生命のニュースリリース

http://www.aig-fuji-life.co.jp/assets/files/pdf/News_Release/20140715.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  2.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  3. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
  4. MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損害は、フランスのスタートア…
  5. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  6. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  7. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  8. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  9. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  10. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
ページ上部へ戻る