チューリッヒ生命がメンタルヘルスサービス提供の対象者を拡大

チューリッヒ生命は、8月18日(月)から「終身医療保険プレミアム」の契約者専用の付帯サービスの「メンタルヘルスサービス」利用対象者の範囲を拡大し、新たに「定期保険プレミアム」と「収入保障保険プレミアム」の契約者も対象とする。

同サービスは、長期化しがちな精神疾患を含む所定のストレス性の疾病に対応した入院保障を提供する「終身医療保険プレミアム」の契約者だけが利用可能な付帯サービスでした。

しかし、今年7月から、新たにストレス性の疾病による就労不能時に家計の収入が途絶えるケースの保障も可能とした生命保険「収入保障保険プレミアム」を発売したことにより、契約者サービス向上と、さらなるメンタルヘルスケアのサポートを推進するために、同サービスのご利用対象者範囲を拡大することにした。

これにより、「終身医療保険プレミアム」の契約者に加え、新たに「定期保険プレミアム」「収入保障保険プレミアム」の契約者が同サービスを利用できる。

「メンタルヘルスサービス」は、身体や心の健康についての相談を保健師や看護師等へ24時間365日電話で行える「電話健康相談」や、臨床心理士や産業カウンセラーによるカウンセリングを電話、メールまたは対面で受けられる「メンタルカウンセリング」等を無料で活用できる付帯サービスだ。同サービスで、契約者本人およびそのご家族のメンタル不全の発症予防や早期発見・早期治療をサポートする考えだ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る