三井住友海上とあいおいニッセイ同和が「保険料スマホ決済サービス」拡充

MS&ADグループの三井住友海上火災とあいおいニッセイ同和損害保険は、2019年7月より提供を開始した「保険料スマホ決済サービス」のラインナップに、5月から「PayPay(ペイペイ)」と「クレジットカード」を新たに導入した

スマホを活用した決済の急速な普及・拡大に伴い、アカウント登録者数が2800万人を超える「PayPay」や「クレジットカード」も選択できるようにした。

利用者は自身のスマホで、QRコードを読み取り、決済専用サイトに接続する。その後、多様なラインナップの中から希望の決済サービスを選択し、保険料を支払えるという。また、専用QRコードを案内する書面を活用することで、スマホさえあれば、自宅にいるまま、保険料の支払いが完了できる。

2020年5月時点における決済サービスのラインナップは、以下の通り。

クレジットカード(VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Yahoo!ウォレット、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Apple Pay、PayPal、銀聯ネット決済 (全12種類)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年12月28日(月)より、医療保険「医療大臣プレミ…
  2. 朝日生命は10月2日から、インターネットで加入手続きが可能な認知症保険の発売を開始している。この保険…
  3. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  4. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  5. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  6. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  7. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  8. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  9. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る