あいおいニッセイ同和が社内の「データサイエンティスト」育成を強化

テレマティクス自動車保険など、データを活用した商品・サービスの開発に力を入れるあいおいニッセイ同和損保が、社内のデータサイエンティストの育成を強化している。テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)が提供する「データサイエンティスト育成支援サービス」に、アイデミーの e-ラーニン グ「Aidemy Business Cloud」を加えたプログラムを4 月から社内で導入した。

TDSE は、データサイエンティストによるデータ分析支援を軸とし、対面形式での集合研修を通して、企業でのデータ分析の内製化支援を行ってきた。この研修にアイデミーの e-ラーニングサービスを加えることで、実際に手を動かしながらブラウザ上でのプログラミング学習ができるサービスの実現が可能になった。あいおいニッセイ同和損保は、2017 年にTDSEと資本業務提携を結び、社内のデータサイエンティストとともに、テレマティクスデータのビ ッグデータ分析、社内のデータ利活用推進などに取り組んでおり、今回のサービスは、2020年度に新卒採用したデータサイエンティスト4人に向けた新たな教育プログラムとして導入する。

同社は、このサービスの活用を通じてデータサイエンスに関する知識の習得やデータ活用人財の育成を進め、デジタルトランスフォーメーシ ョンの実現に資するデータ利活用の推進に引き続き取り組む。

あいおいニッセイ同和のニュースリリース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る