東京海上日動の「ちょいのり保険」が300万件突破!

東京海上日動火災保険株式会社(社長 北沢 利文)は、2012 年 1 月に販売を開始した「ちょいのり保険(1 日自動車保険)」の利用申込件数が累計 300 万件を突破したことを明らかにした。。 同商品は、1 日あたり 500 円からの保険料で、必要なときに、必要な日数分だけ携帯電話・スマートフォンで加入できる新しい自動車保険。   車を所有しない若年層の顧客を中心に、「友人の車を借りて運転したいが保険が心配なとき」「親の車を運転したいが、自動車保険の運転者条件が合致しないとき」など、多様なケースに応じて利用されている。特に、休暇・行楽シーズンでの利用が多い。マイカーを持たない若者が保険に入らずに事故を起こしてしまう等、無保険運転による自動車事故の縮減に貢献したい、親や友人に借りた車でも安心して運転いただきたい、という思いのもとで開発された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. MS&ADインシュアランスグルプのあいおいニッセイ同和損保は医療機関で課題になっている未収金問題の解…
  2. 日本生命は野村総合研究所とリクルートライフスタイルと共同で、ヘルスケア事業に本格参入する。 企…
  3. 三井住友海上は、4月 から、「【安マネ認定セミナー専用】事故時協力特約」の販売を開始した。国土交通省…
  4. 東京海上日動あんしん生命は、NTTドコモと共同で、2年間平均で8000歩あるけば、保険料の一部を還付…
  5. 標準利率の改定で貯蓄性保険に駆け込み需要発生 「貯蓄性保険の2月の申込件数は、過去最高を記録してい…
  6. 東京海上日動は4月から、トータルアシスト自動車保険とトータルアシスト超保険に加入の顧客を対象に、ドラ…
  7. MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損保は、急ブレーキや急発進の有無など、「運転…
  8. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、東日本大震災の発生から6 年目を迎える今年、「災害への…
  9. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保…
  10. 損害保険ジャパン日本興亜(西澤 敬二社長)は、スマートフォンの普及や Social Networki…
ページ上部へ戻る