明治安田生命の職員がAI活用で、国内金融業界初の「IBMが選出する女性リーダー」に

明治安田生命は、IBM(最高経営責任者アービンド・クリシュナ)が表彰する「Women Leaders in AI 2020」に、同社職員が金融業界で初めて選出されたと発表した。

Women Leaders in AI 2020は、IBMがAI技術を活用しビジネスの変革や成長、イノベーションの促進に貢献した女性を表彰するアワードで、今年は12ヵ国から35名の女性が選出された。

明治安田生命では、2019年度に自然言語解析と学習機能を備えた「IBM Watson 」の技術を活用したAI分析基盤を導入。顧客サービス品質向上に向けた取組みを開始している。今回の受賞は、事務サービスの品質向上を目的としたAIの有効活用とその実績、さらに社内での活用推進に向けた取り組みが評価されたもので、総合法人第一部 法人営業課長 加藤 淳子氏が受賞した。同氏は前所属の事務サービス企画部 事務サービス品質管理室での実績が評価された。

具体的には、「IBM Watson」を活用して、文章などの「非構造化データ」にAIを活用することで、テキストなど自然言語データをはじめ、膨大なビッグデータの分類・抽出作業の効率化や、データ分析による潜在課題の可視化を実現した。また、使いやすいUI(ユーザー・インターフェース)とAIによるサポートにより、生保業界初の試みとして担当者(エンドユーザー)自らによる、迅速かつ簡易的な分析に取り組んでいる。

こうした取り組みは、受賞者が中心となって社内に活用を推進し、現在では幅広い部署で活用されている。年間1500時間の業務効率化をすでに実現し、さらに今後は約3300時間の業務効率化を予定しているという。

明治安田生命のニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 損保ジャパンは、日本国内の中小企業の事業承継・M&Aをサポートすることを目的として、国内M&A取引の…
  2. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  3. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  4. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  5. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  6. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  7. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る