ソニー生命、保険金額が逓増する「特殊養老保険」を発売

ソニー生命(井原 勝美社長)は、5 月2 日に新商品「特殊養老保険」を発売する。法人の弔慰金・退職金や個人の財産形成などに備える商品で、保険期間の後半から保険金額が逓増するのが特徴だ。

これまでは、法人の弔慰金・退職金のニーズに関しては、保険金額が一定の「養老保険」が活用されてきた。だが、法人における死亡退職金制度には、勤続年数とともにその金額が増額するものが多く、これまでの「養老保険」では、死亡保険金額と実際の退職金との間に、かい離が生じるケースがあった。

特殊養老保険は、貯蓄と保障を同時に実現できるのが特徴で、保険期間中に死亡・高度障害状態になったときは死亡保険金または高度障害保険金を、無事に満期をむかえたときは基本保険金額の2倍の満期保険金を受け取れる。万一のときの保障を確保しながら財産形成ができるため、老後生活資金づくりや企業の退職金準備などに適した保険だ。

保険金額は、保険期間の後半から逓増する。死亡・高度障害保険金は、保険期間のうち前半は、契約時に定めた基本保険金額のまま推移し、後半は保険金額が基本保険金額の2倍に達するまで毎年増加する。

さらに、保険期間を延長することも可能。所定の要件を満たしていれば、保険期間を60 歳満期から65 歳満期へ、または65 歳満期から70 歳満期へ延長することができる。企業で、定年退職の年齢を引き上げる場合などに活用することが可能だ。保険期間を延長した場合は、保険料払込期間も延長され、延長後の保険期間の後半から、死亡・高度障害保険金額が逓増する。

ソニー生命のニュースリリース

http://www.sonylife.co.jp/company/news/26/files/140414_tokusyuyourou.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 「この生命保険に加入すれば、入院のリスクが減ります」 将来、生命保険各社による、こんなPR合戦…
  2. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  3. 「ありえない…」「考えられない…」。7月10日に開催されたかんぽ生命と日本郵便の謝罪会見をネットの生…
  4. 2月14日に生命保険各社が経営者向け定期保険などの販売休止を決定した、いわゆる〝バレンタインデー・シ…
  5. 今年4月から日本法人化したアフラック生命が、10月22日から「健康増進型」の保険、「アフラックの健康…
  6. 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライム…
  7. 大手生保と新興生保のビッグなカップルが誕生しそうだ。第一生命ホールディングスと楽天グループの楽天生命…
  8. MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保はデジタル化に大きく舵を切っている。同社経営企画部・プロ…
  9.  セミナーインフォは4月19日、JA共済ビルカンファレンスホールで「InsurTech の進展と保険…
  10. [caption id="attachment_2999" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る