新型コロナ検査件数はドイツの17分の1

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。こうした中、諸外国に比べて日本の感染者の人数が少ないのではないかという疑問が生まれている。その理由を明かす一つの指標が、英オックスフォード大学の研究者でつくるグループが発表した。

3月20日までの過酷の検査件数をまとめたものだが、それに基づくと、日本での検査件数が大幅に少ないことが明らかになっている。

具体的には、人口100万あたりの1日の検査件数では、韓国が約6000件、豪州が約4000件、ドイツが約2000件となっており、日本ではわずかに100件前後だ。

累計の検査件数でも日本が29日時点で5万4000件に対して、ドイツは15日時点で16万7000件となっている。

こうした検査数の少なさが感染者数を実態よりも少なく見せているといえそうだ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る