アクサ生命がキャリア教育副教材を寄贈し、小学生の在宅学習を支援

アクサ生命は、スタディマーケット社に協力し、同社が発刊するキャリア教育副教材『人生100年時代 未来の自分を考えてみよう』による社会啓発を開始する。この副教材は小学校 5-6 年生に向けたキャリア教育の観点から、探究的な学習を促す副教材として、学習指導要領の「総合的な学習の時間」で活用できるもの。

アクサ生命は、社会啓発の第一弾として、初版の副教材 10,000 冊を希望のあった全国の小学校と、包括連携協定を締結する自治体を通じて、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により休校となっている小学校の児童が通う児童クラブや学童保育施設に寄贈し、在宅学習を支援する。

同時に、誰でも利用できるように、同社公式ホームページで電子ファイルを全ページ公開する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. 少額短期保険業者のjustInCase(ジャストインケース)が1月20日から発売している日本初のP2…
  2. T&Dホールディングスが米国クローズドブック事業に本格参入する。 クローズドブック事業とは、他…
  3. SOMPOひまわり生命は 6 月 2 日から、同社が推進する「Insurhealth(インシュアヘル…
  4. [caption id="attachment_3304" align="aligncenter" …
  5. 生命保険に加入する目的とは何か? 「いくら」×「いつまで」を考える 「生命保険って複雑でわかりに…
  6. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る