損保ジャパン日本興亜 企業向け安全運転支援サービスの機能拡充

損害保険ジャパン日本興亜(社長:西澤 敬二)およびSOMPOリスケアマネジメント株式会社(社長:布施 康)は、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』に、2017年1月から「ほめる」機能の拡充と事故のビッグデータを活用した大型車両の事故防止に貢献する新たな機能を追加した。
1.背景
『スマイリングロード』は、IoT関連技術の活用によりドライバーの継続的な安全運転意識の 向上を促進し、管理者の効率的な指導を支援することで、事故防止に貢献する業界初の企業向けテレマティクスサービスとして2015年3月に提供を開始し、累計申込み台数は2万台を突破している。ドライバーの運転状況が「見える」「わかる」機能に加え、ドライバーを「ほめる」機能の相乗効果により、導入企業全体で事故件数が約20%減少した。この結果とこれまでの顧客の声や要望をふまえて、さらなる安全運転意識の向上と事故防止を支援するために、2つの機能を追加している。
2.新機能の概要
(1)「ほめる」機能の拡充
昨今、企業において顧客サービスや社内での活用が広がっているSNS機能を 『スマイリングロード』に追加。運転者ランキングに「いいね」機能を追加するなど 「ほめる」機能を拡充することで、ドライバーのモチベーションアップと自発的な安全運転の 効果をさらに引き出すことを目指す。これまでのドライバー一人ひとりを「ほめる」機能にとどまらず、安全運転の結果を従業員 同士が「ほめあい」、さらに社内表彰制度で企業から「ほめられる」仕組みを導入する。

(2)大型車両向けカーナビゲーションアプリ『トラナビスマイル』(オプション)の提供
近年、大型車両が絡む重大事故が社会問題化している状況をふまえ、大型車両を使用している『スマイリングロード』の利用者を対象に、専用のカーナビゲーションアプリ(※)を新たに 提供した。本サービスでは、損保ジャパン日本興亜が保有するビッグデータを活用し、大型車の事故多発地点を回避するルートを推奨した「大型車専用事故多発地点アラート」などをご提供し、さらなる自動車事故の削減につなげまる。本サービスを導入してもらうことで、ドライバーが安心して働ける環境を醸成し、優良ドライバーの雇用確保や従業員の定着化などにも活用してもらう。
(※)カーナビゲーション機能は、株式会社ナビタイムジャパン(社長:大西 啓介)から 提供を受けている。
(3)月額利用料金
1台につき月額1,800円(税抜き)(契約台数による割引あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オススメの記事

  1. ライフネット生命は 4 月 1 日から、セブン&アイグループの金融事業を担うセブン・フィナンシャルサ…
  2. 「アレクサ、ちょいのり保険を開いて!」――。 東京海上は3月24日からAlexa搭載デバイスを…
  3. 東京海上日動は2020年3月から、国内企業とその国内外連結対象子会社を対象とした、テロ・破壊行為など…
  4. 富国生命保険相互会社(社長 米山好映)は、2020年4月1日(水)より、主力商品である「未来のとびら…
  5. ソニー損害保険(丹羽淳雄社長)はスマホで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じ…
  6. 住友生命は3月24日から、同社として初めて、認知症保険を発売する。商品名は「認知症PLUS」。認知症…
  7. 日本生命は4月2日から同社として初めてとなる認知症保険を発売する。認知症の前段階の「軽度認知障がい(…
  8. [caption id="attachment_3083" align="aligncenter" …
  9. 6月末に小宮暁氏が新グループCEOに就任し、新たなスタート切った東京海上ホールディングス(HD)は1…
  10. [caption id="attachment_2373" align="aligncenter" …
ページ上部へ戻る